P.S.元気ですつかはら

スポンサーサイト --.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

ありがとう。 2009.12.20 00:17

今朝、無事に帰国しました。
ただいまーーーーー!!!!!!!!!!!


昨日までインドにいたのが夢みたいです。

もうバッグを気にしなくてもいいし
歩くとき牛のうん○を気にしなくてもいい
元気~?て話しかけてくるインド人もいない

空港を出たら、いつも通りの日本がそこにありました。



約4ヶ月で、中国(チベット)→ネパール→ブータン→インド(南一周)と旅してきたわけですが。
旅の日々の出来事をひとつひとつ思い出していると、永遠にも感じられるほど長かったように感じます。
それぐらいいろんなことがあって、濃い日々だった。


旅どうだった?
て言われても何て答えればいいかうまい答えが思いつかないのだけど、
確実に、死ぬ間際にこの旅のことを思い出すだろうなと思います。



実は旅中に大好きなおじいちゃんが亡くなって、
泣いてばかりで眠れない日々もあった。
悲しくなることや
怖かったこと
本気で怒ったこともあった

だけど圧倒的に、
うれしい
あー楽しい!
しあわせだなぁ
って気持ちになる瞬間が多かった。


どんな場面を思い出しても、そこには「ひと」がいました。

ふと目が合って笑いあっただけのひとから
仲良くなってホームステイさせてもらったようなひとまで
出会った全てのひとにありがとうを言いたい。


そして、日本から

応援してくれたり
心配してくれたり
日記読んで何かを感じ取ってくれていた

あなたにも、あなたにも。

ありがとう!!




さてさて、またここからが始まりです。
大切なことを忘れないようにしっかり握り締めて
迷い悩みながらも、一歩ずつ。



本当に、ありがとうございました。

『P.S.元気ですつかはら』 おわり!! 2009.12.20
コメント(2) | トラックバック(0) | おわりに | 編集

さよならIndia 2009.12.19 23:43

バラナシからデリーへ向かう夜行列車が、寒くて寒くて寒すぎて!
ぜんぜん寝れませんでした。。つらかった~

そんな状態で、いよいよデリーIN!!
避け続けてきたデリー。
悪い話しか聞かないデリー。
ほとんどの人が何かしらだまされたり嫌な目に合っているデリー。

どんなもんかと思ったら…
意外や意外、ぜんぜん普通の町でした。
なんだか拍子抜け。

あっでも、有名なお茶のお店を聞いたら3人中2人がうそ言ったのにはさすがだなと思いました。笑
その店は開いてないからこっちの店に行けと。


デリーのへそであるコンノートプレイスをうろついた後
ガンジー博物館に行きました。
ガンジーが暗殺されたときの葬儀の写真には、彼の死を悼むものすごい数の人が写っていて
彼のしたことの偉大さを感じました。


朝デリーに着いてその日の夜の飛行機だったので、
17時にはバックパックとシタール抱えてデリーを後にしました。

ついに、本当に、旅が終わる。
なんだか不思議な感覚。
でもきっと本当は、日本に帰っても旅が終わるわけではないんだと、自然にそう思います。


コメント(0) | トラックバック(0) | India | 編集

ブッダガヤ青空学校再訪と、ご協力のお願い。 2009.12.17 23:45

1ヶ月前にも訪れて2週間ほど滞在していた青空学校。
子供達が恋しくて、帰国前に顔を見たいとブッダガヤに戻ってきました。

7505.jpg 7463.jpg 7648.jpg


授業風景
7572.jpg 7564.jpg 7566.jpg



全員集合☆
7591.jpg


みんなにお揃いでプレゼントしたラバーバングル。
刻まれてる文字は、「LIVE STRONG」
7632.jpg


瞑想中。。笑
7492.jpg


ハレンドラ・ムケシュ・ディネシュ・スラジ
7627.jpg 7626.jpg 7759.jpg 7744.jpg


しあわせな空間
7665.jpg 7663.jpg 7654.jpg 7780.jpg
7691.jpg 7733.jpg 7736.jpg 7772.jpg




私から、この青空学校に関してお願いがあります。

この学校には様々な事情で親を亡くした子供10人が住んでいます。
そして100名以上の貧しい家庭の子供たちが毎日通ってきています。

4年前に創設された青空学校は、今まで学校を訪れた人たちの寄付によって運営されてきました。
ですが今、もうその場の寄付だけではどうにもならない状態になってます。

借金を積み重ねてどうにもならなくなって日本に助けを求めて、
それで助けてもらえなかったらその時子供たちはどうなるの?
と、最初は私も思ってしまいました。無責任すぎるんじゃないかと。。

3週間近く学校で子供たちと寝泊りし、創設者のニケシュさんともたくさん話をしてきました。
ニケシュさんはとても不器用な人で(特にビジネスに関して)、
ですが子供たちへの愛情の深さは確かなものだと確信しました。
物乞いをするしか選択肢のない子供たちを放っておけなかったのが事実だと思います。


ニケシュさんは、自分の生涯を子供たちに捧げると言いました。
滞在中、バイクで事故を起こして怪我をしても、お金がないからと病院に行きませんでした。
いつも、どんなときでも、子供たちのことを1番に考えています。

子供たちに勉強を教える先生たちも、半年近くお給料をもらっていないにも関わらず、子供たちのためにがんばっています。
子供たちはもちろん、一生懸命勉強しています。
朝、私が目を覚ます頃にはノートを広げていて、夜はろうそくの灯りで。。


寄付をお願いするのは、私は本当はあまり好きではありません。
ですが今はもう、そんなことも言っていられない状況です。

大好きな子供たちのために。
その子供たちの笑顔と未来を守ろうとがんばっている先生たちのために。
私からも、よろしくお願いします。

以下に、中心となって動いてくれている廣中桃子さんの文を転載します。
桃子さんとは、ブッダガヤで1週間ほどいっしょに過ごしてたくさん話をしてきました。
絶対に信用できる人です。
どこにどう使われるのか不透明なお金ではありません。
寄付して頂いたお金は、確実にすべてを学校の運営(借金返済)に使わせて頂きます。





インド・ブッダガヤAOZORA SCHOOL
~運営費用の問題について協力のお願い~

2009年現在において、AOZORA SCHOOLの運営費は最低でも月に約8万円必要です。
8万円は最低限の支出であり、その他、子どもが風邪をひいた場合の医療費などは含まれていません。
AOZORA SCHOOLでは、その運営費用を生みだすことができないため、これまでは主に寄付によって賄われてきました。2009年現在資金がなく、借金が問題となってます。

①4ヶ月間分の食費(孤児10名分) \113,400
②教師・スタッフの給料(5か月未払い 本校6名・分校4名) \109,620
③建物賃料(2009年4月~2009年12月未納分) \54,432
④文房具類(子どもたちのノート、ペンなど5か月分未払い) \23,719

2009.12現在 1RS=1.89円
借用総額 301,171円

(※分校について :2009年AOZORA SCHOOLの近隣の学校が運営困難な状況になり、AOZORASCHOOLへ運営統合の依頼があった。子ども150名・スタッフ4名。正式に分校と決定していませんが、物資代及び先生たちの給料をAOZORA SCHOOLが現在まかなっている。)

◆今後の計画(新校舎建設)
・オーストラリアの学生団体からのサポートにより、土地の購入と新校舎建設がすすめられている。将来的には、建物のレンタル料が必要なくなる予定です。
・寄付に頼らず、収入を得れるように、日本とインドにおいてフェアトレード商品の開発を進めています。将来的には、自分たちの力で運営できることを目的としています。

◆寄付のお願い 
2009年12月にAOZORASCHOOLを三度訪問している辻野さん(mixiネーム:チロの友達さん)が渡印するため、手数料のかかる銀行送金ではなく(銀行送金は振込額の1割がかかる)、現金を持ち込んでもらうことを考えています。
今現在は、8万円のめどがたっています。残り22万円をどうかご協力ください。ご協力いただける方は、振込先(廣中桃子個人口座になります)をご連絡いたします。

AOZORASCHOOLをご存じの方で、寄付を呼びかけていただける方も歓迎です。



1口2000円~を目標にお願いしたいです。

お金のことで申し訳ありませんが、
ご協力のほどどうか、よろしくお願いします。





4日間青空学校で子供達と過ごし、昨日バラナシへ帰ってきました!
朝3時にバラナシ駅に着いたにも関わらず、友人のバダルとアトールが迎えに来てくれました。
なんて優しいんだ。。

今日はお土産のお買い物をしました。
いよいよ明日、バラナシを経ってデリーへ向かいます。
ついに4ヶ月間の旅も終わり。。まだあまり実感が沸きませんが、最後までめいっぱい楽しみます!



 
 





コメント(0) | トラックバック(0) | India | 編集

バラナシでの日々2 2009.12.11 19:52

朝5時に起きて、ひとりでガートから真っ黒なガンガーを眺めるのが好き。
7331.jpg


辺りは真っ暗なのだけど、ナマーシヴァーって歌声とか鈴の音とか、いろんな音が響いてる。
この空間が好き。
7333.jpg

朝焼けがきれいだったー
7343.jpg



日が昇ってから、友達とボート乗りに。
7354.jpg

沐浴しとります
7353.jpg

突如現れたおっちゃん。仰向けに浮いててびっくりした!笑 水中ヨガらしい。
7356.jpg

漕いでくれたソラブと朝日。笑顔がかわいい
7359.jpg

いっしょに漕ぐと、なんかラブラブに見えると盛り上がり。笑
7365.jpg 7370.jpg

この夫婦、手繋いで沐浴してたの!ほほえましい
7380.jpg 7357.jpg

ガンガーの対岸へ。何にもない砂地です。
砂でつくられたシヴァリンガ。
7384.jpg

青春っぽいことしてみた
7381.jpg

女の子が持ってるお花&ろうそくはひとつ5Rs.(10円)火を灯してガンガーに流します。
7382.jpg

たびびと。
7385.jpg

対岸から見るガート。
7390.jpg

たまに朝ごはん食べにいく食堂。今日はプーリー!25Rs.(約50円)
7322.jpg 7393.jpg


私のシタールと、先生。アメット グルジー。インド人にしてはおとなしくて好き。
7323.jpg


高校時代の彼に激似の人と出会いました。笑 ひげ剃ったら羽田じゃない?
7325.jpg

変なおもちゃで大盛り上がり!
これ吹くと赤いのがぴょろーって上に伸びて、ブビーーってかなりうるさい。
そしてだれでもアホな顔になる。笑
7422.jpg 7418.jpg


スパイシーバイツっていうお気に入りのレストランで絵描いてるゆかちゃん。
7415.jpg


今泊まってるLUXMIゲストハウスの屋上から。
上から見るバラナシもおもしろい。
7412.jpg 7407.jpg 7410.jpg



明日はブッダガヤへ向かいます!



コメント(2) | トラックバック(0) | India | 編集

バラナシでの日々 2009.12.08 18:27

そうそう。ここ2週間くらいで実はいろんなことがありまして。

インドの後タイ・ラオスまわって帰ろうと思ってたんですが、シタール購入により、
シタール>ラオスになってしまったんですね。

ということで大幅に予定変更!インドから帰ることにしたわけです。


バラナシにもう10日ほど滞在していますが、毎日シタール習ってます。
指が痛ーい!でも楽しい☆


今泊まってるフレンズゲストハウスのわんこドリー。
めーちゃかわいい!
7305.jpg


ガンガー沿いをぶらり。
7310.jpg

牛も沐浴
7313.jpg

おひるね
7314.jpg

賑わってる通り
7315.jpg


シタール買った楽器屋さんのオーナー、アトールと娘。
7296.jpg
アトールこれでも25歳です。ふけすぎだろー!笑
でも仲良しです。アトールは信頼できるしずっと付き合っていけると思う。

アトールの娘。めちゃかわいい
7318.jpg


こずえちゃんにヘナしてもらった☆
こずえちゃんとは逆周りルートだったのにほんとに偶然何回も再会して、
今回の旅で一番運命感じてます。笑
7259.jpg

ほんわりしててかわいいいよちゃんと☆
私の手のはオームです。
7258.jpg


2年前から友達のバダル&アトールと映画行きました。
この2人、23歳&25歳!絶対見えないでしょ。笑 チャイ屋にてちょっとかっこつけてる2人。 
7320.jpg

インド映画で字幕なしだったから内容は半分くらいしかわかんなかったけど、
とりあえずめちゃくちゃおもしろかった!
コメディで、ものっすごいベタなところでインド人たち手叩いて大爆笑するから
こっちまで楽しくなっちゃう。インドの映画館、楽しい~



そんなこんなで楽しい日々を送っていましたが、昨日、ipod盗られました。。
ネットカフェで充電してて、そのまま忘れて帰っちゃった私が悪いんですが、相当凹みましたねー。
あーipodないのつらいなぁ。

まぁでも仕方ない!ともう今は切り替えてます。
ただ、不注意は反省。

ということで、もうすこしバラナシでシタール練習に励みます☆

コメント(0) | トラックバック(0) | India | 編集
« | ホーム |  »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。